回頂端
輝雄診所圖片

健康管理

Health adviser

home首頁>健康管理>認識癌症>癌の兆候と症状

癌の兆候と症状


なにが兆候で、なにが症状?
兆候・症状とはけが、風邪、病気の時に現れる、身体の不調のサインです。
兆候は他人(友人、医師、看護師または医療スタッフなど)が見てわかるサインです。例えば発熱、速い呼吸、さらに聴診器で聞こえる肺炎の異常音などがそうです。症状は患者自身が自覚するサインですが、他人が見つけることは難しいものです。例えば、無気力、痛み、肺炎の時の息苦しさなどは、すべて症状です。当然ひとつだけの兆候、症状から病気の原因を見つけるのは不可能です。例えば、子供の身体にでた吹き出物の原因は、漆かぶれ、はしか、皮膚感染または食物アレルギーなど、多くの可能性があります。しかし、吹き出物にその他の兆候・症状(発熱、寒気、ふしぶしやのどの痛み)が併ったら、医者は推測される病気を絞り込むことができます。患者の兆候と症状が、医者の十分な診断材料とならない場合、X線、血液検査、組織検査などの検査を追加する必要があります。

 

▸ 癌の兆候と症状はどのように引き起こされるか

癌によってあらゆる兆候や症状が引き起こされます。兆候や症状は癌の発生部位によって異なり、発生器官や組織の影響を受けます。 もし癌が既に転移していたら、兆候と症状は身体の様々な部位に現れる可能性があります。

癌がとても小さいうちは転移は少なく、特に切除手術によって根治する可能性が高いです。したがって、癌治療の鍵となるのは「早期発見、早期治療」です。黒色腫(皮膚癌)が良い例で、皮膚癌がまだ皮膚の深層まで増殖していない場合、容易に取り除くことができます。早期段階であれば、5年生存率(診断後患者が5年以上生存できる確率)は約98%です。しかし身体の別の部位まで転移浸潤してしまうと、5年生存率は16%まで低下します。症状が軽い、診断結果を知るのが怖い、または膨大な医療費を負担できない、などの理由で病院にかからないと、これらの症状が注意報であることに気付きません。症状(例えば疲労や咳)によっては、癌ではない病気の可能性もあるので心配しすぎないでください。症状の原因がはっきりしている、または持続時間が短い場合、癌の可能性は低いでしょう。また、例えば乳房腫瘍といっても自然に消える嚢腫(のう腫)のこともあります。ですがどんな症状も、理由なく軽視したり、見過ごしたりしてはいけません。特に症状が続く場合、悪化している場合は。症状がいくつか現れたときは、念のため医者に診てもらい、原因を見つけ適切な治療を受けたほうがよいでしょう。アメリカ癌協会とその他の健康機構は、たとえ癌の症状がない人でも癌関連の検査をして、症状が現れる前に早期発見すべきだと述べています。癌検査の詳しい情報におきましては、アメリカ癌協会の早期発見指導方針のファイルを参照してください。ですが、覚えておいてください。このような情報をいくら知っていても、症状が現れたとき最も大切なのはすぐに病院にかかることです。 




▸ 癌の一般的特徴と症状

癌の基本的な特徴や症状を知っておくことは大切で、もし以下の症状が現れ、且つ持続したり悪化したりしたら、医師の診察を受けてください。ただ覚えておいていただきたいのは、あらゆる症状が現れても、必ずしも癌にかかったとは限らないということです。その他の多くの病気も、下記の症状を引き起こすことがあるのです。

・原因不明のやつれ:多くの癌患者で体重減少がみられます。理由なく体重が減った場合を原因不明のやつれ(るいそう)といいますが、4.5kg以上の体重減少は癌患者によくみられる特徴です。特に膵臓、胃、食道、肺の癌でしばしばみられます。

・発熱:癌による発熱はよくみられる症状で、癌の転移後にしばしば発症します。また、癌治療期間の発熱はほとんどの患者でしばしばみられます(薬剤などで感染に対する免疫力が低下しているため)。微熱が続く場合は、癌の初期症状の可能性があります(例:白血病、リンパ腫など)。

・疲労:休息しても極度の疲労が回復しない場合、これは癌増殖の重要な症状であり、ある癌では、発症早期によくみられます(例:白血病)。一部の胃や大腸癌では、疲労の原因は失血ですが、何が原因で出血が続くかついては明らかになっていません。

・痛み:痛みは骨の癌や精巣癌の初期症状です。長期の頭痛で治療後も改善しない場合、それは脳腫瘍の可能性があります。背中の痛みは大腸癌または卵巣癌の症状です。多くの場合、癌がもたらす痛みは既に身体の別の部位まで拡がっていることを意味します。

・皮膚の変化:癌によっては、皮膚癌と同じような明らかな皮膚変化を引き起こします。これらの特徴と症状をまとめると、色素沈着、皮膚と目の黄胆、皮膚の赤み(紅斑)、かゆみ(掻痒症)、体毛の増加などがあります。 





▸ 特定の癌に見られる兆候・症状

除了注意一般的癌症症狀之外,本身也應該注意其他可能的症狀,尤其是找不出原因、持續一段時間並且有不斷惡化的症狀;再次強調,這些症狀可能是其他原因引起的,但是都須由專業醫師評估診斷。

  • 排便習慣或膀胱功能的改變 :長期便秘、腹瀉或大便大小的變化,都可能是結腸癌的特徵;排尿時有疼痛感、血尿或膀胱功能改變(如:與平時相比較為頻尿或尿量降低),這些可能和膀胱或前列腺癌有關。如果膀胱或腸道功能有任何改變,請告知醫生。
  • 不癒合的傷口 :皮膚癌可能會伴隨有流血的症狀,而且傷口看似不會癒合。例如:口腔內有長期潰瘍就可能是口腔癌,這種情況應該馬上處理,尤其是有抽菸、咀嚼煙草(檳榔)或經常飲酒的人。多數在陰莖或陰道的瘡若不是感染,就是早期癌症的特徵,都應尋求專業醫療人員幫助。

 

  • 口腔內或舌頭上的白色斑點 :口腔內或舌頭上的白色斑點可能是白斑病,白斑病主因是頻繁刺激所造成的癌症前期病變,如果不及時治療則有機會轉變成口腔癌;白班病的高危險群往往是因吸菸、嚼食檳榔或使用其他煙草所致。任何口腔內持續一段時間的變化,都要馬上就診或看牙醫。

 

  • 不尋常的出血或分泌物 :不尋常的出血可能發生在癌症早期或晚期。咳血可能是肺癌的特徵;血便(可能看起來色深或黑便)可能是結腸或直腸癌的特徵;子宮頸或子宮內膜(子宮內層)的癌症可能引起陰道異常出血;血尿可能是膀胱或腎臟癌的徵兆;乳頭有異常分泌物則可能是乳癌的特徵。

 

  • 乳房或身體的其他部位有腫塊或皮膚增厚 :許多癌症可以透過皮膚發現,這些徵兆通常發生在乳腺、睪丸、淋巴結(腺)和身體的軟組織。腫塊或皮膚增厚可能是癌症早期或晚期的症狀,這樣的症狀應該告知醫生,尤其是你剛發現它或是它變大了;請記住,有一些乳癌會造成皮膚偏紅或增厚而並非腫塊。

 

  • 消化不良或吞嚥困難 :長期的消化不良或吞嚥問題可能是食道癌(進入胃的吞嚥管)、胃癌或咽喉(喉嚨)癌的徵兆。但是如上述所列的症狀,大部份症狀都是由癌症以外的原因所造成。 皮膚的疣和痣近期有任何變化 任何的疣、痔或雀斑在顏色、大小、形狀、外形或任何其他皮膚上的改變都應該告知醫生。因為皮膚上的改變可能是黑色素瘤,能及早發現可能提高治癒率。

 

  • 咳嗽不止或聲音沙啞 :長期咳嗽不止可能是罹患肺癌的徵兆;長期聲音吵啞則可能是咽喉癌或甲狀腺癌的徵兆。
  • 其他症狀 :上述為較常見的癌症徵兆,但是還有許多其他症狀並未列出。如發現任何身體功能異常或感受到身體重大改變,已經持續很長一段時間或惡化,請告知醫生!如果你的症狀和癌症沒有任何關係,醫生可以找出病症,給予適當的治療或建議;如果是惡性腫瘤的話,則有機會「及發現及早治療」以獲得較好的效果。