回頂端
輝雄診所圖片

輝雄について

About Us

輝雄について

About Us
homeHome>輝雄について>院長ご挨拶

院長ご挨拶


走一條 未曾走過的路

輝雄診所は1982年創設から現在まで、「台湾一・東京と同等レベルの診療」をモットーとしております。私たちは常に新しい知識を学び、最高のサービスを提供してまいりました。おかげ様で創設より30年以上が経過し、医療業界・お客様の間でも良い評判をいただいております。

近年台湾でも健康意識が高まっていますが、一般の方々は日々の医療の進歩について行けず、医療紛争は激化し、患者-医療間の関係はギスギスしたものになっているという現状があります。患者さんはあらゆる病院に行き、各病院で同じような検査を繰り返し、やがて診療に我慢できなくなり、医療不信になってしまうという状況も見られます。このような状況では、医療資源を浪費するばかりか、患者さん自身が治療のタイミングを失ってしまい、お互いの尊重・信頼関係が崩れかねません。

私は一医師として、このような状況に心を痛めておりました。台湾医療環境の苦難に私たちはどのように対処していくべきか?どのように患者-医療間の尊重と信頼を取り戻すのか?どのように大衆の医療教育を促していくか?患者さんと家族が安心できるように、どのように医療福祉を改善すべきか?真剣に考え続けました。

その結果、私は「台湾でかつて誰もやったことのないことをやろう」と決めました。輝雄診所は、単に専門医療だけでなく、「人から人へ、心から心へ」といった真心からのサービスをを提供いたします。

「Health Adviser」;輝雄診所は医療において真・善・美を体現します。



真 医療は一種の科学、真実の追究です。発展する医学を学び続け、細やかで確実な医療を提供いたします。
善 患者さんがどこにいても、健康に関して安心感を持っていただけるよう、心を込めて対応いたします。
美 快適で安全な環境はもちろん、院内に設置した芸術品を目にしていただき、受診したすべての方と感動を分かち合いたいと思います。


輝雄診所スタッフは力を合わせて台湾医療の歴史を創り、今までにない細かなサービスを提供し、新たな医療の道筋を築いていきます。物質的精神的な幸福、その先の家族の幸福、平和な社会の発展を目指して、我々は医療分野で尽力していきます。