回頂端
輝雄診所圖片

健康管理

Health adviser

home首頁>健康管理>抗老新知>アンチエイジング医学とは何か

アンチエイジング医学とは何か


30代の心と体をキープするイメージを持つ 

 

▸ アンチエイジング医学とは何か?

アンチエイジング医学とは、疾病医学が「病気の治療」を対象としているのに対し、「健康な人をさらに健康にする」さらに発展した医療で、究極の予防医学と言えます。健康に年を取る(健康長寿)は全ての人の願いであると思いますが、アンチエイジング医学はそれを理論的に実践する科学なのです。100歳以上の健康な超高齢者の機能面・行動面を研究した結果、彼らは一般の超高齢者と比較して、各器官がバランスよく老化していることがわかりました。各器官の「バランス良い老化」こそが、健康長寿の鍵なのです。 




 

 


▸ 「バランスの良い老化」がアンチエイジングの鍵

アンチエイジング健診では、従来の健康診断の項目に加え、血管、内分泌、ホルモン、脳、骨、筋肉の老化度チェック、老化の兆候や症状に関係する活性酸素・抗酸化力バランス検査を行います。病気のリスクを早期発見・治療するとともに、老化兆候のある項目を指摘し、加齢・老化を予防する生活習慣を提案します。できるだけ早期に、思い切った処置を始めることが重要で、さらに受診者の生活品質を根本的に改善するため、健康栄養補助食品の補充指導、運動指導、ストレス解消の方法を提案する。以上がアンチエイジング医学の基本です。さらに、治療方法のメリットとデメリットを理解し、副作用のない安全な治療法を選択することが「バランス良い老化」のためには重要です。あるひとつの、またはいくつかの器官が過度に老化しているとバランスが崩れ、「健康長寿」は実現しません。